制御基板・プリント基板上の電解コンデンサ良否判定について

電解コンデンサの例

制御基板、プリント基板上の有寿命電子部品に、「電解コンデンサ」があります。

基板補修研究会では、電解コンデンサの積極的な取り替え補修をお勧めしております。(以下の記事を参考にしてください)

>>>> 電解コンデンサ取り替えのすすめ

 

しかしながら、ユーザー様の中には、こんなニーズもあります。

  • 電解コンデンサの取り替えにはリスクがある(取り換え時に制御基板・プリント基板のパターンを傷つける、取り替えた電解コンデンサが不良品だった ・・・ 等)
  • オンボードの電解コンデンサの良否判定をして、不良品のみ取り替える補修をしたい

ということで、今回は、 制御基板、プリント基板上の電解コンデンサの良否判定 についてお話したいと思います。

 

結論から申しまして、以下のことが言えます。

制御基板、プリント基板上の電解コンデンサの容量を測定し、良否判定を行うのは非常に難しい

 

制御基板、プリント基板上の不良電解コンデンサの調査には、以下の調査方法があります。

1.目視調査

電解コンデンサが 破裂、膨れ、液漏れ等 目視で不良と判断できる場合は、ある程度 許容範囲内のインピーダンスが測定できたとしても取り替えるべきです。 外見で膨れている時には、予寿命はほとんどないと思って間違いありません。

 

2.インピーダンス測定

インピーダンスが測定できるテスター等で電解コンデンサの両端子間のインピーダンスを測定する調査方法です。この調査では、制御基板、プリント基板の回路が不明なことが多いため、電解コンデンサ外部の影響が数値的にわかりません。 このため、この調査方法では、制御基板、プリント基板上の電解コンデンサの容量判断は難しく、予寿命はおろか、良否の判定も難しい ということが言えます。

制御基板、プリント基板自体に正規の電源を印可できる場合は、オシロスコープ等での波形調査により良否判定の目安が出せる可能性はあります。

 

3.良品の制御基板、プリント基板との比較調査

基板補修研究会で使っている、インサーキットを使った制御基板、プリント基板の調査方法です。 良品と分かっている制御基板、プリント基板が手元にない場合はこの調査は使えません。

>>> インサーキットとは何?という方は、「インサーキットでの基板補修実例」を確認ください。

あくまでも比較調査ですので、良品の制御基板と調査対象の制御基板を比較して、数値に差があったときには、電解コンデンサの不良が疑われる ということになります。

何度も言いますが、良品比較調査ですので、インピーダンスの差(絶対値の数値差)が何Ω以下なら良品で何Ω以上なら不良か?というのは、実績を積み上げていかないと判断はむつかしいです。

 

このように、制御基板上、プリント基板上の電解コンデンサの良否判定については、基板補修研究会で、現在のところ保有している調査技術では、なかなか難しいという結論に至りました。

しかしながら、実使用的には、電解コンデンサは有寿命品であることは間違いない事実ですので、10~15年を経過した電解コンデンサについては、取り替えをお勧めしております。

 

今後は、このようなニーズにも対応できるよう、調査の実績を積み上げたり、新技術の開発もあわせて実施していきたいと考えています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 表面実装のチップタイプのチップ部品にクラック?

    PC基板の中には、温度の高い現場や振動の多い場所で使われている制御基板もあるでしょう。 ある時…
  2. NC工作機械について

    NC工作機械は、町工場から大型工場まで旋盤やフライス盤などの制御に使用されています。 数値制御(す…
  3. spea フライングチェッカー

    制御基板、プリント基板補修、修理につかいやすい インサーキット(インサーキットテスタ)は・・・

    基板補修研究会では、 制御基板、プリント基板の補修、修理に使いやすい、インサーキット(インサーキット…
  1. 基板補修研究会でおすすめしている、制御基板・プリント基板の日常保全活動の一つに、「予備制御基板・プリ…
  2. 電解コンデンサの例
    制御基板、プリント基板上の有寿命電子部品に、「電解コンデンサ」があります。 基板補修研究会では…
  3. 電解コンデンサ
    電解コンデンサの液漏れによるプリント基板の焼損トラブルはかなりの事例があります。 Googleで …
  4. spea フライングチェッカー
    基板補修研究会では、 制御基板、プリント基板の補修、修理に使いやすい、インサーキット(インサーキット…
  5. DUPONT社製 DLR-AN3001
    基板補修研究会では、光モジュール DLR-AN3001 (DUPONT)   の取り替え補修にトライ…

最新記事

  1. 劣化コンデンサの取り替えでPC基板修理ができない時代が・・・・

    最近PC基板の世界のニュースでは、「マイクロDC-DCコンバータ」「コイル一体型昇圧DCDCコンバー…
  2. 表面実装のチップタイプのチップ部品にクラック?

    PC基板の中には、温度の高い現場や振動の多い場所で使われている制御基板もあるでしょう。 ある時…
  3. 信号用Relay(リレー)の特性劣化の考察

    制御用のRelay(リレー)と聞くと、プラグインリレーを想像してしまいますが、PC基板・プリント基板…
  4. フォトカプラ(Photocoupler)の特性劣化の考察

    PC基板の予防保全についての記事 を書きました。 電解コンデンサ リレー フォ…
  5. PC基板が壊れてしまう前に

    お客様から、調子の悪いサーボドライブ装置の調査・修理依頼をいただきました。下記のような現象です。 …
  6. 壊れる前になんとかしたい ~PC基板の予防保全~

    基板補修研究会が取り組んでいる技術には4種類の技術があります。 >>> 基板補修研究会の技術 …
  7. メルセック 接点出力基板 AY13基板の不具合調査でのインサーキット活用事例

    メルセック Aシリーズ リレー出力基板 AY13基板の不具合調査を実施しました。 …
  8. 製袋機の制御装置の補修が完了しました!

    12月にご依頼いただきました「製袋機の制御装置」 補修が完了しました。 >> 製袋機の制御基板…
ページ上部へ戻る