基板補修研究会が基板補修・修理を手掛けた、もしくは手掛けようとしている制御システムについて、電気プラントメーカー毎にご紹介いたします。

東芝製 DCドライブ装置

1800年代から実用化されている直流電動機(DCモーター)。 その制御用ドライブ装置のラインナップが 東芝LEOPACK シリーズです。

この DCドライブ装置LEOPACKシリーズは、昭和47年(1972年)の東芝レビューで 従来の 「ワードレオナード方式(MG)または水銀整流器による静止レオナード方式に代わる「サイリスタレオナード方式」の新シリーズ」と紹介されている伝統ある製品ラインナップです。

従来、当社(東芝)では各回路を機能別にユニット構造で標準化を計ってきたが、この経験と実績をもとにして斬新な構成による新シリーズに統一化し、高信頼性、小型化、高性能化を積極的にはかり、ユーザー側の計画に即応するとともに、希望に応じた機種の選択が自由にできるよう新しく「レオパック(LEOPACK)」の愛称でシリーズ化を行った。

昭和47年(1972年)当時のDCドライブ装置(サイリスタレオナード装置)のラインナップは、以下のようになっています。(当時の基板はアナログ制御装置)

・LEOPACKⅠ ・・・ 0.25~7.5Kw(220V) (一方向)

・LEOPACKⅡ ・・・ 7.5~75Kw(220V)、37~185Kw(440v) (一方向)

・LEOPACKⅢ ・・・ 3.7~150Kw(220V)、37~375Kw(440v) (一方向)

・LEOPACKⅣ ・・・ 3.7~110Kw(220V)、30~250Kw(440v) (両方向)

※ あくまでも、個人的な推定ですが、このシリーズのドライブ装置は、ほとんど実稼働していないと思います。もし、このシリーズの製品(装置)が実際に工場で稼働しているとすると、相当レベルの高いメンテナンスをされ、維持されていると思います。

 

 

更に、時代をさかのぼり、昭和56年(1981年) 全デジタル形 サイリスタレオナード装置 として紹介された LEOPACKの新シリーズがあります。

「LEOPACK ーμ シリーズ」

昭和56年の東芝レビューに紹介されています。

 標準サイリスタレオナード装置「LEOPACK」シリーズは、1971年(昭和46年)に発売開始以来5,000台以上の製作実績をもち、国内外のユーザー各位から好評を得ているものである。この間には、省エネルギー、省資源、省力および総合的な経済性の追求などのニーズにも呼応した「LEOPACK」新シリーズを発表し今日に至っている。(中略)

従来のアナログICによる制御技術(略)を更に発展させ、次期のレオナードシステムとして「LEOPACK」μシリーズの開発を進め、製品化を完了した。当社(東芝)の全デジタル形モデル「LEOPACK」μAシリーズは、豊富な実績と経験を基に最新のパワーエレクトロニクス技術とマイコンアーキテクチャを駆使して開発製品化されたものである。

平成の現代からみたこの文章は、使われている単語に違和感はあるものの、現在のプリント基板、制御基板の原型となるものであることは間違いありません。

この当時の製品ラインナップは以下になります。

・LEOPACK-μA 20、 LEOPACK-μA 40、LEOPACK-μA70、LEOPACK-μA90、LEOPACK-μA120

leopack1066

この後、多少ラインナップに追加があったかもしれませんが、直流電動機のドライブ装置として東芝が直流電動機の製造・保守を撤退するまで、この「LEOPACK-μ」シリーズは作り続けられた製品であったと思われます。

この「LEOPACK-μ」シリーズのプリント基板、制御基板の補修について、最近 基板補修研究会でも取り扱うことがありました。

 

この「LEOPACK」の製造メーカーである「東芝」が直流電動機を製造・保守しない、更に、このビジネスは他社(TMEIC)が担当することになった現在、この「LEOPACK」、DCドライブ装置の機能維持のためにメンテナンスを続けていくことは、非常に難しいと思われます。

このような困難の中、日々頑張っている現場の保全マンを応援するために、我々「基板補修研究会」も微力ながらお手伝いできればと考えています。

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 表面実装のチップタイプのチップ部品にクラック?

    PC基板の中には、温度の高い現場や振動の多い場所で使われている制御基板もあるでしょう。 ある時…
  2. NC工作機械について

    NC工作機械は、町工場から大型工場まで旋盤やフライス盤などの制御に使用されています。 数値制御(す…
  3. spea フライングチェッカー

    制御基板、プリント基板補修、修理につかいやすい インサーキット(インサーキットテスタ)は・・・

    基板補修研究会では、 制御基板、プリント基板の補修、修理に使いやすい、インサーキット(インサーキット…
  1. 基板補修研究会でおすすめしている、制御基板・プリント基板の日常保全活動の一つに、「予備制御基板・プリ…
  2. 電解コンデンサの例
    制御基板、プリント基板上の有寿命電子部品に、「電解コンデンサ」があります。 基板補修研究会では…
  3. 電解コンデンサ
    電解コンデンサの液漏れによるプリント基板の焼損トラブルはかなりの事例があります。 Googleで …
  4. spea フライングチェッカー
    基板補修研究会では、 制御基板、プリント基板の補修、修理に使いやすい、インサーキット(インサーキット…
  5. DUPONT社製 DLR-AN3001
    基板補修研究会では、光モジュール DLR-AN3001 (DUPONT)   の取り替え補修にトライ…

最新記事

  1. 劣化コンデンサの取り替えでPC基板修理ができない時代が・・・・

    最近PC基板の世界のニュースでは、「マイクロDC-DCコンバータ」「コイル一体型昇圧DCDCコンバー…
  2. 表面実装のチップタイプのチップ部品にクラック?

    PC基板の中には、温度の高い現場や振動の多い場所で使われている制御基板もあるでしょう。 ある時…
  3. 信号用Relay(リレー)の特性劣化の考察

    制御用のRelay(リレー)と聞くと、プラグインリレーを想像してしまいますが、PC基板・プリント基板…
  4. フォトカプラ(Photocoupler)の特性劣化の考察

    PC基板の予防保全についての記事 を書きました。 電解コンデンサ リレー フォ…
  5. PC基板が壊れてしまう前に

    お客様から、調子の悪いサーボドライブ装置の調査・修理依頼をいただきました。下記のような現象です。 …
  6. 壊れる前になんとかしたい ~PC基板の予防保全~

    基板補修研究会が取り組んでいる技術には4種類の技術があります。 >>> 基板補修研究会の技術 …
  7. メルセック 接点出力基板 AY13基板の不具合調査でのインサーキット活用事例

    メルセック Aシリーズ リレー出力基板 AY13基板の不具合調査を実施しました。 …
  8. 製袋機の制御装置の補修が完了しました!

    12月にご依頼いただきました「製袋機の制御装置」 補修が完了しました。 >> 製袋機の制御基板…
ページ上部へ戻る